大塚国際美術館で美術鑑賞、疲れたらレストランでボンカレー。水分補給はポカリで決まり!

ボンカレー

レトルトカレーで一度は口にしたことがあるのが、ボンカレーではないでしょうか?!妙に懐かしい味だったりして・・そんなボンカレーは実は日本で初!のレトルト食品なんです。そして甘口・中辛・辛口の三種類での商品展開がされています。今の主流はフルーツベースになっているボンカレーゴールド21。温かい色味で円が描かれています。

そしてボンカレーという商品名の由来は、フランス語。フランス語の形容詞"bon" からネーミングされていて「良い(優れた)、おいしい」という意味になっています。この【ボンカレー】ではなかったら、なんと【チョンガーカレー】だっそうです。レトルト食品初のカレーだったので、一人暮らしの男性(独身者)でも温めるだけで簡単に食べられる。だから【チョンガーカレー】というネーミングの案もあったといいますが、【ボンカレー】の方がやっぱりしっくりきますね!

ボンカレーの歴史

発売のキッカケは、不良在庫のカレー粉をなくすために開発されたと言われています。大塚化学で、約2年の研究開発期間を経てから1968年(昭和43年)2月に、大塚食品工業より世界初の一般向けの市販レトルト食品として発売されました。

発売当初は、阪神地区限定発売での発売でした。当時のレトルトパウチ(高圧釜レトルトで高温加熱殺菌する為に食品を封入する袋)は、透明な合成樹脂のみによる2層の積層加工でしたが、強度に問題があったからです。輸送中に穴が空くなどの事故が多発しました。このため内側のポリプロピレンと外側のポリエステル間にアルミ箔を挟んだパウチに改良して強度を増しすことに成功しました。強度が増したことと同時に、空気遮断機能も向上。光も遮断するようになったこともあり、賞味期限が3ヶ月から2年に延びることになりました。

翌1969年(昭和44年)4月には、この改良版パウチで全国発売となり全国展開されました。テレビCMにはパッケージのモデル女優の松山容子と俳優の品川隆二を起用しています。

ボンカレー発売当時の宣伝は「3分温めるだけですぐ食べられる」という内容でした。宣伝からも分かるように、保存性よりも簡便性を前面に打ち出した宣伝で、インスタント食品の一種として普及していきました。松山容子パッケージのものは味は野菜ベースでした。発売当時には、営業マンが全国各地にホーロー看板を貼りにまわってボンカレーの普及に努めていました。

2001年(平成13年)2月には、21世紀に入ったのを記念して、ボンカレーゴールドはボンカレーゴールド21としてリニューアル発売されました。

2002年(平成14年)8月までは大塚化学が製造して、大塚食品の販売となっていましたが、大塚化学が2002年(平成14年)9月1日に持株会社化して大塚化学ホールディングスとなったのに伴って、食品・飲料事業(オロナミンC事業は除く)は大塚食品に移管されました。

2003年(平成15年)に、ボンカレーがリニューアルされました。従来の調理法は沸騰したお湯に袋ごといれます。そして煮立つのを待っていました。電子レンジを使って温める場合には、ボンカレーを袋から容器に移し替えてチンしなければけませんでしたが、レトルトパウチが改良されてこともあって袋のまま電子レンジにいれて調理できるようになりました。

CMキャラクターには阿部寛と由紀さおりを起用しています。これに伴って初代ボンカレー(松山容子パッケージ)は、沖縄県の消費者嗜好から主に沖縄県向けに販売が継続されました。

2005年(平成17年)に新しいパッケージと味のボンカレークラシック(松坂慶子パッケージ)を発売しました。クラシックと商品名にはなっていますが、復刻版ではないのでまったくの新商品です。

2007年(平成19年)5月に「ボンカレー発売40周年記念」として、初代松山版が50万食限定で全国発売されました。

2009年(平成21年)2月12日に、電子レンジで温めるボンカレーネオを発売。その1日前にこの商品を記念して、カレー好きの関根勤、黒沢薫及びゴスペラーズを呼んで『ボンカレーネオ誕生祭』が行われました。さらに9月8日には『ボンカレースマイルプロジェクト』がスタート、関根勤がCBO(Chief Boncurry Officer―最高ボンカレー責任者)を務めて、2010年3月まで半年にわたり展開されました。

発売45周年を迎えた2013年(平成25年)2月12日に、主力商品の「ボンカレーゴールド21」を発売当初と同じ名前のボンカレーゴールドにリニューアルして、「ボンカレーネオ」と同じ様に電子レンジでの調理に対応しています。このテレビCMには鈴木京香が起用されました。

ボンカレーは1968年(昭和43年)に発売開始されてから、世界中でおよそ20億食が消費されているロングセラー商品になっています。

日本美術館巡りの旅…
成功するホームページとは何かご相談ください!ホームページ制作の名古屋でお探しならオールシステムへがお手伝いします。

ボンカレーCM

1973年(昭和48年)、毎日放送が制作して全国ネットで放送されたバラエティ番組『ヤングおー!おー!』の司会で人気者になった落語家の笑福亭仁鶴が出演したテレビCMは、当時流行した時代劇『子連れ狼』のパロディで大ヒットしました。

仁鶴が『子連れ狼』の主人公・拝一刀に扮したCMで、仁鶴の「3分間待つのだぞ」という台詞と「じっと我慢の子であった」の滝口順平によるナレーションで日本中に多くの関心を集めました。

仁鶴のCMは、NHKの大河ドラマ『勝海舟』にちなんで、勝海舟に扮した仁鶴が「時勢は待っちゃぁくれないよ。でも3分間待つわさ!」「メリケンにもこいつぁないわさ!」と言ったり、野球選手に扮したバージョン(CMソングは大塚グループ提供のテレビアニメ『巨人の星』のテーマ曲)もありました。

1978年(昭和53年)には、ボンカレーゴールドを発売していますが、ボンカレーと食材の構成を替えたこの商品は、ボンカレーに取って代わり主力製品になりました。CMキャラクターには、当時の巨人軍の王貞治(後に郷ひろみ→田村正和→所ジョージ→松坂慶子→池谷幸雄→ともさかりえ)を起用しています。

ボンカレー商品ラインナップ

・ボンカレーネオ(甘口、中辛、辛口)・・・
2009年発売。ボンカレー【新】の後継商品。
・ボンカレーゴールド(甘口、中口、辛口)・・・
ボンカレーシリーズの基幹商品。旧ボンカレーゴールド時代には1980年代末期には大辛(「ゴールド21」での熱辛に相当)も存在していました。ボンカレーとは別に商標登録されています(第1638487号)。

ボンカレーゴールドシリーズは1978年発売。CMには当時巨人軍の王貞治を起用。それから内容量がこれまでの180gから200gへ変更した「ボンカレーゴールド200」を経て2000年に「ボンカレーゴールド21」となり、これに伴って内容量も200gから210gへ変更されています。ちなみに「ボンカレーゴールド200」まではJAS認定食品でした。

2013年現在のシリーズ主力商品になっています。1992年・1993年のCMでは、最後に「お野菜ゴロゴロボンカレーゴールド」というCMソングが流れていました。

2013年2月に全面リニューアルを行って、「ボンカレーネオ」と同じ様にレンジ調理に対応して、商品名も「ボンカレーゴールド」に戻しています。従来のパッケージは甘口が赤、辛口が黄でしたがリニューアル後は逆になりました。

ボンカレー(オリジナル・松山容子パッケージ)(甘口、中辛、辛口)・・・2012年現在、主に沖縄県を中心に販売を継続しています。(同県出身者の多い大阪市大正区等の他にも、一部地域でも販売中)

2007年5月28日から、全国にて50万個限定で再発売されました。内容量は発売当初と同様の180g。オリジナルのボンカレーは発売当初からJAS認定食品として販売されていましたが2009年1月製造分からJAS認定マークが表示されなくなっています。

元気ハツラツ~?